ホーム >

勝瀬観光イメージ1

バナー1

バナー

バナー4

相模湖観光・ボート遊び・湖上遊覧はスワン丸の勝瀬観光

相模湖遊覧スワン丸|勝瀬観光

現在運航中のニュースワン丸は昭和41年に就航した日本で始めての白鳥型遊覧船スワン丸の姉妹船として、昭和59年3月に進水しました。
総トン数16トン100人乗り大型遊覧船でございます。また、本年3月には船体整備とイメージ一新のため全面塗装を施し化粧直しをし、湖上にひと際、色彩豊かな姿を披露しております。また各種足こぎ手漕ぎボート・モーターボートなどが皆様のご利用お待ちしております。免許なしモーターボートで軽快に湖上散歩など如何でしょう。

初代スワン丸 2代目スワン丸 現在スワン丸

初代スワン丸         2代目スワン丸         現在就航中

 


 

さがみこ 勝瀬観光

0426842131

会社案内

花火大会バナー

リンクバナー

 

フェースブックボタン ツイッターボタンPVCMバナー

相模湖での遊覧船、ボート、モーターボート遊びでしたらスワン丸の勝瀬観光ご利用ください。

 


 

相模湖・湖上ライブカメラ

当社桟橋方面の相模湖湖上の今をライブ配信

 

相模湖:神奈川県北部,津久井郡(現在、相模原市緑区)にある相模川をせき止めて造成された人造湖。面積3.26平方km,京浜地域の工業化,都市化の進展につれ需要が増加した水資源を確保するため,神奈川県が1938年に相模川河水統制事業を計画,都市用水,工業用水,農業用水を取水し発電,洪水調節,観光などに資する多目的の相模ダムが1940年着工された。第2次世界大戦のため工事は中断されたが1947年完成,日本最初の多目的ダム完成によってできた人造湖、相模湖が誕生した。このため93戸あった勝瀬(かつせ)集落は湖底に沈んだ。
ダムは高さ 58.4m,延長 196mの重力式ダム 湖の周囲約 12km,最大水深 45m,有効貯水量 4820万立法m。湖上ではモーターボート・足こぎや手漕ぎボート遊び・観光遊覧などを楽しむ観光客が都心近郊という立地から多く見られる。
参考文献:世界大百科事典

相模湖での足こぎ手漕ぎボート・モーターボート・釣など湖上遊びならスワン丸の勝瀬観光ご利用下さい。相模湖観光協会員
ホーム|インフォ料金クーポンアクセス
スワンページのトップに